小さな財布に込められた思想

革でモノを作る理由、そして数ある革の中から、その特定の革を用いる理由を製品に込めるm.ripple村上氏。

ジッパーやボタンといった金具を使わないこの二つ折り財布は、シンプルでありながら、考え抜かれた構造、緻密な設計で好評を得ている。
独創的なデザインは、一見素っ気なく見えるが、札、コイン、カードを充分収納することができ過不足がない。一枚の革を折った構造を基本としているため、中身の量によって膨らんで自然なフォルムをかたちづくる。
それも、計算されたパターンにより、財布を開くと、内側の革が引っ張られておのずと開くようにできている。デザインというものは機能や使い勝手と一体化してこそ意味がある。

コインポケットは、レザーのフラップをかぶせて閉じる仕組み。革の張力と摩擦力により、充分に中身をホールドする。
フラップの裏側にはICカードを収納できて、毎日の通勤・通学での使用もスムーズだ。

レザーは、フランス産の原皮をイタリアで鞣し、染色されたミネルバ・ボックスで、牛らしいナチュラルな紋様を残した手触りのよいものだ。美しい発色と、使うごとの経年変化を楽しめる、レザーの楽しみがいっぱい詰まった素材だ。
ジャケットの胸ポケットにスッと収まる、コンパクト、軽量で、アイデアの詰まった二つ折り財布。
しっかりしたレザーを好むが、身軽でいたい人に最適な財布である。

二つ折り財布

価格¥19,800より
消費税込み
Color
  • m.ripple